歩行者天国ライブ

ネタはないんですが・・・(汗)
まぁ~先日のホコ天での話をしようかと思います。
当日はあいにくの天気で、
いつ降り出すか?などと思いながら自分の出番が来るまで、
待っていた訳なんですが、
改めて色んな歌い手さんがいるもんだと。
フォークソング直球のグループがいたり、
反社会派Songを歌うグループがいたり、
メジャーで活躍している人がいたり、
顔は知っていたのに、歌を初めて聴いた人もいました。
皆さん個性的で俺としては面白かったです。
個人的には時に、反社会派Songを歌うこともあるKAZですが、
そのホコ天に出ていたグループ程の具体的な歌詞は
書けないだろうなぁ~・・・変なとこに睨まれるのもイヤだなぁ~なんて、
ちょっとした羨ましさはあるものの、
まだまだそこまではいけない小心者なんでしょう(苦笑)
歌詞って人によって受け取り方が、
随分違うもんだと、最近のライブやって思います。
それだけに伝えたいことはあるけども、
上手く伝えられなかったり、違う解釈で取られたりと、
人それぞれなんだと思います。
今8月の白老のイベント用に新曲構想中ですが、
ターゲットが子供であること。
将来は誰にもあるんだよというメッセージを送りたい。
でも難しい言葉では伝わらないと思うし、
簡単すぎては説得力もない。
メロディーも複雑では一緒に歌えない。
多分KAZの横道なPOPな歌になるとは思いつつ、
意外とテーマが難しい・・・。
担当者に頼まれたわけではないんですが、
自らの意志で曲を作って、伝えたくなりました。
参加者の子供達は、軽度の子供ばかりではない。
重度の子供達もいます。
あんま良いニュースはないけれど、
将来に対して、自分で考えて、行動していって欲しいと思うのです。
ささやかながら協力できたらなぁ~って。
障がいや病気をかかえた子供だけではなく、
普通の子供達にも参加してもらえるようなイベントだったらいいけど、
場所が場所だから無理だな(苦笑)
安易なことではなく、経験したことを踏まえての、
「頑張れ!!」って言葉を未来ある子供へ贈りたいのです。

コメントを残す