う~に~ず・スプリング・ライブ

雨の予報だった今日の札幌は
とても晴天に恵まれました。
若干の風の強さはあったものの、
良いライブ日和だったと思います。
さて、この1カ月週末になると
毎週のように集まっては練習に励み、
ピアノもあるYAMAHAの練習スタジオにも
行ったりして今日の為に頑張ってきました。
とは言うものの、それでも練習の量は
やっぱまだまだ少なかったのもね(苦笑)
まぁ~それは今後の課題と言うことで。
当日の流れとしては、
午前中にHALLさんが家に来て、
奥さんを混ぜて全通しをやって、
実はその時点で、
あっしは疲れてしまって(汗)
たまたま家にあったエスカップを飲み、
toneへ向かうのでした。
元々は普通の一軒家のため、
車いすの人が入るには、
少々厳しい面もあり、
同時に当初の予定では入り口付近は
広くして欲しいと伝えてありましたが、
それが問題なくクリアされているのか、
一派仲間のおるさんに先に行ってもらい
チェックしてもらっていました。
残念ながらなっていなかったので、
自分らで何とかするしかなかったのでした(苦笑)
おるさんには本当によく頑張って
もらったと思います。ありがとうね。
結局PAの部分も、ほぼ自分達で
セッティングする必要があって、
時間の関係上リハらしいリハはなかったな(汗)
それもお店の使用だから仕方ないと言うことで。
ライブが始まる直前に、
歌詞とコードだけでKANさんを
歌えと言うことで無理矢理歌うも、
それはやっぱ無理ってことが分かりながらも、
場繋ぎ的要素は果たしたように思う(苦笑)
(あれは、ジョンジーがやれっていったからですが)
今回のライブでは、う~に~ずの
ライブでしか聴くことの出来ない
曲を用意したくて、オープニングの
「う~に~ずのテーマ」と「風に乗せて」という
新曲を作って臨みました。
「う~に~ずのテーマ」について言えば、
作詞・作曲をKAZが務め、
オープニングに相応しい、
ノリがあって覚えやすくて、
バカっぽい歌を作ってみました(苦笑)
現在2番まで出来ていますが、
2番まで歌うと飽きられるので、
1番だけ歌って素直に終わる方式が
無難なところだなと思っています(苦笑)
俺は最高に気に入っているんだけどね(汗)
「風に乗せて」について言えば、
まじめなグッとくるナンバーを作りたいし、
曲だけKAZが担当して作詞をHALLさんに
お願いしてみたところ、
始めて作詞をしたとは思えぬほど、
優しくも暖かみのある詞が出来ました。
曲もミディアムなナンバーなので、
全体的に素敵な1曲になったと思います。
他にもKANさんのカバーをどうしてもやりたくて、
KANオフの皆様にも声をかけさせていただき、
「Songwriter」と「永遠」という曲を
歌わせていただきました。
どちらもピアノを奥さんにお願いして、
臨んでみたわけですが・・・
まぁ~原曲のキーが高いこと高いこと(汗)
カラオケで歌っていたのは、
根本的にキーが下がっていたんですね(苦笑)
実際に歌ってみると凄まじく高く、
練習でまともに、歌えませんでしたが、
やると決めた以上やるのが、
男ってもんで・・・結果やっぱダメだった(苦笑)
それでも「永遠」は歌えていたと思うので、
取り敢えずは良しとしたいと思います(笑)
KANさんのカバーについては、
実際のところどうだったのか、
オフの皆様、感想を聴かせて下さい(汗)
今後のカバーの参考にします。
無理矢理声をかけまくったけど、
皆忙しそうで無理だろうなぁ~って
思ってたら気付けば29人もいたんですって(笑)
受付とかも自分達でやるので、
まおさんが大変だったようですが、
本当に助かりました。
今日は泣く暇なかったね(苦笑)
う~に~ずとしては、これからが
伸びてくると思うので、
温かい目で応援していただけたらと思います。
今日見に来てくれた皆様、
お忙しい中ありがとうございました。
またライブやる時には、
見に来てやって下さい。
スタッフの皆さんもお疲れっした。
HALLさん、奥さんもありがとう。
また頑張って行きましょう。
曲目
01.う~に~ずのテーマ
02.桜の木の下で
03.smile
04.Rainbow
05.トビラ
06.Songwriter(KAN)
07.永遠(KAN)
08.世界中に・・・
09.風に乗せて
10.ありがとう
~Encore~
11.あの頃の夢

コメントを残す