やっと…

      やっと… へのコメントはまだありません

やっとだよ!!(苦笑)
やっと母親の病名、その後の治療方針等も
全て今日聞くことができました(汗)

今回も愚痴半分、ホッとした気持ち半分でお送ります(苦笑)

さすがに病名などは明かしませんが、
以下の内容で推測してください。

前回までのあらすじ…

1.今月に入って、母親の体調が優れず
  かかりつけの病院にかかり、そのまま入院
2.おおよその症状はわかりつつも
  正確な検査が必要なため、某大学病院へ転院
3.病理検査結果待ちの間に、同時に治療が必要なこともあり
  その治療を受ける
4.検査結果が出たので、説明するから平日の夕方に来い
5.言われた日に行くも都合付かず
  強制的に曜日変更される
6.3の治療が上手くいったので一旦退院
7.通院日に説明するから家族で来い
8.みな都合付けて伺うも病名のみ明かし
  治療方針などは違う科の医者から
  説明するから翌日の朝に改めて来い

そして今日…

9.違う科に変わるため、初診手続きをする
10.改めて病名を伺い、複数ある治療方針を
  分かりやすく説明される
11.その中から手術し、術後薬による治療を決める
12.8月中旬あたりに手術予定
13.手術時間は8時間程度かかる
14.早ければ3週間程度で退院できるかも?
15.根治は充分可能!!

とまぁ、こんな感じです(苦笑)
今日の医者の説明は本当にわかりやすくて
雰囲気も優しい感じだし、話も聞いてくれました。

昨日までのクソ医者のイメージが強過ぎて
結構な臨戦態勢で臨んだんだけど、
やっと少し安心できました。

内容が内容なだけに、結局何なのよ?
どういう治療になんのよ?
治る見込みがあんのかよ??
という重たい気持ちのまま二週間程過ごしました。

医者も大変なのは分かります!
某大学病院ならなおさら忙しいのでしょう。
そこら辺も重々理解しているつもりです!!

でもさ、もう少し患者本人や家族の想いに
寄り添えないもんですかね??
分かるまでの日々は本当に不安なのよ。
先が見えないのよ。
全部付き添ってあげたいけど、それも現実問題無理なのよ。
極力は一緒に苦しみを受け止めたいのよ。

約束事は、守れないこともあるだろうけど
それならちゃんと連絡してよ。
一言、この前はすいませんと詫びてよ。
たったそれだけで、こっちは理解するよ。
忙しいんだろうなぁと諦めるよ。

本当に、たったそれだけなんだけどねぇ…。
ただただ残念な日々でした。

とは言え希望も、しっかり感じることも
できたので、前向きに家族として向き合えます!!

Dr.頼んだよ!!!

コメントを残す