北海道胆振東部地震

9/6 AM3:08に安平町を中心に
震度7という大地震を起こし
札幌さえも最終的には震度6弱になったようで
真夜中と言えども、頭がボーッとする暇がないほど
激しく家の中が揺れました(汗)

思い出しただけでも、リアルにビビっちゃうけど
それだけ本当に怖い出来事でした。

その30分後、NHKを見てるとテレビが消え
家の中が暗くなり、外の景色すら真っ暗になり
これは辺り一面が停電になったんだと
理解しましたが…焦るのは焦るよね(苦笑)

取り敢えず明かりを探すために
iPhoneのライトを使って、
懐中電灯等を見つけました。
そして情報確認のために
radikoでラジオを聴いていたけど、
バッテリーの消費が激しいので
防災ラジオを探し、以降はそっちで情報収集してました。

この時点では停電も長くは続かないと思ってました(汗)
しかし安平町や厚真町が大変な状況になってること
近隣には発電所もあり、そこがおかしくなってしまって
停電は北海道全域になっていること、
復旧時期は未定という内容をラジオから聴いたときに
あぁ〜これはヤバいやつだと受け止めました(汗)

ラジオのみならず、ネットでも情報が欲しくて
Twitterとか見てたけど、バッテリーの持ちも気になり
併せてネットの接続も悪くなり、
結局9/7の朝になるまでは、ほぼネットは繋がりませんでした。
ちまちまバッテリー残してましたが
繋がると判断したときには、
みんなの動向を調べて、車用の充電ケーブル持ってる方に
連絡してケーブルを貸してもらえました。
本当に助かりました!!

我が家の周りでも早々に電気が復旧したこともあり
自分の家のマンションもすぐに復旧すると思ってたけど
なんでか後回しになっていたのか、
なかなか電気の復旧には至りませんでした。

改めて思ったけど、真っ暗の生活ってのは
想像以上にストレスで・・・
他に復旧してない地域もたくさんあるんだけど
正直何日も耐えられる気がしませんでした・・・。

幸い9/7のPM19:00過ぎには、電気が復旧してくれたので
本当に本当に良かったです。
タイミング的には家の向かいのマンションが
一斉に光り出して、我が家もブレーカーを上げたら
当たり前だけど、ちゃんと点きました!!

そして電気への依存度も、自分の中でよ~く分かりました。
TVは見れない、冷蔵庫も使えない
自分にとっては死活問題のウォシュレットも使えない
最悪エレベーターも使えないとなると・・・
身体が不自由な我々や高齢者とかは
やっぱり厳しいよねぇ・・・体験して初めて分かるよ。

それといつもは蓄えていた乾電池もタイミング的に
少なくなっていて、何とかラジオ分は確保できました。
ラジオのアナウンサーとかも凄いよねぇ。
本人たちだって被災している人なのに、
ずっと入ってくる情報を伝えながら、
ラジオのリスナーを励まし続けるって
なかなかできることじゃないですよ。
不安な中、情報提供は本当にありがとうございました。

まだまだ余震もありそうだし、厚真町では土砂災害によって
発見されてない方もいらっしゃるので、
電気が点いて良かったと喜んでもいられませんが
取り敢えずは、復旧に向けた第一歩に今は安堵しております。

物資不足はありそうだけど、まずは頑張っていきましょう!!

コメントを残す