路上ライブ 第2弾

路上ライブに関しては
毎回レポする気はないんですが(苦笑)
先日のは面白かった事件があったので、
書いてみようかと・・・(苦笑)
昼間のイベントで完全燃焼できなかったことから、
まずは8時半までの繋ぎとしてカラオケに行き、
当初は真面目に歌うつもりが、
ボーカルチェンジ機能があり、AKB48を歌ったり、
Kiroroを熱唱したりして、声出しをやってました(苦笑)
途中飯を食べることなどをして、
時間を上手くつぶして、路上場所へ向かいます。
時間が来たので路上ライブをスタートすると、
9時過ぎあたりから、少し横で違う謎の路上人が、
路上ライブを始めました・・・。
まぁ~そこまでは普通にあることです。
ただちょっと違うのは、
なまら良い音のするアンプを持ってきていて、
キーボードの他にマイクまで使ってやっていました。
まぁ~まぁ~それも、そんなに不思議な事ではない。
でも一つだけ・・・「音が半端なくでかい」んです(苦笑)
どんだけ自分の美声を響かせたいのか、
確かに歌は上手かった(汗)
けど、場所を考えてやればいいのに、
ひたすらボリュームあげまくりでやってました。
俺も声は大きい方なので、
ある程度の生音なら負けないと思うんだけど、
さすがに機械には勝てなかったよ(苦笑)
一応頑張ってみたけどね(汗)
でもある時気付いたら、
その謎の路上人の歌が止まってました。
理由は簡単、狸小路3丁目にある
八百屋さんのご主人に注意されていました。
これでやりやすくなるなぁ~と思ったら、
結構その謎の路上人諦めが悪いようで(苦笑)
さっきよりも、まだ大きくしているんじゃぁ~ないか?
という位の音で、再開させました(苦笑)
これには八百屋のご主人も頭に来たのか、
狸小路内に響くくらいの怒鳴り声で怒ってました(汗)
これにはさすがの謎の路上人も参ったようで、
一時撤退していました(苦笑)
ところが、八百屋さん10時には閉まってしまうのです(苦笑)
待ってましたと言わんばかりに
また謎の路上人がやってきて、
やりたい放題やってましたねぇ~・・・。
俺は俺で10時まで歌いきったので、
終わる準備をして帰るつもりでしたが、
やりたい放題の謎の路上人に、
KAZ一派の女の子がキレました(苦笑)
あまりに音がでかすぎて、
自分らの路上が邪魔されたので、
勢い余って110番に電話しました(苦笑)
110番=警察さんです(汗)
原則、あくまでも原則、
狸小路と言えども道路にあたるので、
路上活動は道路交通法に違反することになります。
まぁ~でもそこは地域の方々が、
暗黙の了解で見て見ぬふりをしてくれているので、
俺等のような路上人は、歌わせてもらっているのです。
だから歌う方も、それなりのルールを決めて
やっていることから、アンプを通すこと自体には、
本来はない方が望ましいのです。
俺自身はギターがミニサイズと言うこともあり、
音が全然生では響かないので、
そんなに迷惑にならないように使わせてもらっています(苦笑)
話は戻り、警察に連絡すれば、
さすがに止めざるを得ないであろう
と言うことで電話したみたいです(苦笑)
便乗して、もう一人記念にと言って電話してたけど・・・(汗)
警察を呼んだのは自分らと言うこともあり、
やってきて厳重注意されるのを見てから
帰ろうと話してました。
ところが待てども来ず・・・
待ちきれずに二人消え・・・
一人消え・・・
結局電話後20分くらいは待ってたけど、
警察さんは現れませんでした(苦笑)
何かその謎の路上人も帰り支度を始めていたので、
俺等も撤退することにしましたとさ(苦笑)
後に、その謎の路上人は、
どうやらCDTVのオーディションで、
グランプリを取った人物らしく、
近くにいた取り巻きも多分マネージャーであろうとのことです。
要は営業で札幌に来ていたようなんだけど、
もう少し通常の音量でやってくれれば、
歌も上手かったし、それなりに良い宣伝になったろうに、
ある意味残念な人でしたね(苦笑)



曲目
忘れました・・・(苦笑)


追記:花見の話は明日にでも・・・(笑)

コメントを残す